開発実績

スクリーンレスタイプ・デジタルフィルムスキャナ SL1000

様々な形状のマイクロフィルム画像をデジタルスキャン。お手持ちのPCと接続で検索し、モニター上に拡大表示し、プリンタでプリント、または電子データとして保存する、小型・軽量タイプのデジタルフィルムスキャナ。

仕様

設置場所を選ばない     軽量・小型デザイン 幅326mm×奥行き425mmのコンパクトさ。 高さも177mmに抑え、PCと共にデスクトップに設置してお使いいただけます。重さも13.5kgと軽量で持ち運びもしやすく、設置の自由度を高めます
6.8倍~54倍の超高倍率   ズームを使用 レンズ交換が不要な6.8~54倍の高倍率ズームを使用。従来、別途用意し、使い分けしていたズームレンズ領域も1台でカバーします。 また電子ズーム併用時は105倍まで表示できます。
様々な形態のフィルムを   読み取り可能 標準でフィッシュフィルム、ジャケットフィルム、アパーチュアカードに対応。オプション装着で、ロールフィルムやカートリッジフィルムなどの読み取りが可能となります。
OCR機能 バッチに保存されたPDFファイルから選択したファイルにOCRを実行し、検索可能なPDFファイルに変換します。 ※対象は、英数字のみ(日本語は出来ません)
専用アプリケーションによる スムースオペレーション タッチパネルディスプレイで使用する場合は、スマートフォンなどと同様に、画面を直接指で触れながら操作できます。指先の動きに合わせた直感的な操作性で、スムーズなオペレーティングを実現します。 各機能をグラフィカルなアイコンで表示し、画面下部に集約。使いやすさと見やすさを考えた画面レイアウトです。読み取っているフィルム画像と保存した画像ファイルをワンタッチで切り替えでき、比較・編集を容易にします。 ファイル保存時の出力解像度や保存フォーマットを用途に合わせて選択可能。データの二次活用や配信を効率化します。 傾き補正や濃度補正、フォーカス調整の自動補正に加え、トリミングや明度・コントラスト調整などマニュアル操作による編集も可能です。

機械特長

  • 省スペースと高性能を両立、「読み取り」をシンプルに。「見る」「デジタル化」を、優れた操作性でスムーズに。